生徒会

生徒会
12
2022/01/14

(南高ブログ)生徒会

| by:takiguchif
除雪ボランティア

 令和4年1月12日(水)今季1回目の除雪ボランティアを行いました。
 雪の降る中、みんな一生懸命動いてくれました。少しでも地域のお役に立てるよう、力を合わせて頑張ります。


09:00
2021/11/15

(南高ブログ)庶務委員会

| by:takiguchif
赤い羽根共同募金

 今年も校内で赤い羽根共同募金を実施しました。
 赤い羽根共同募金は、私たちの町の子どもたち、高齢者、障がい者などを支援するさまざまな福祉活動に役立てられます。
 災害時には、「災害ボランティアセンター」の設置や運営など、被災地支援にも役立ちます。

  募金を手渡している様子です。
15:00
2021/07/19

(南高ブログ)文化委員会

| by:takiguchif
フラワーロード整備

 梅雨空の下、フラワーロード整備にふさわしい晴れ間が訪れました。
 7月6日(火)期末テストの最終日に各学年の文化委員が集まって、道路沿いに花を植えました。
 技能員さんのお力添えもあり、今年もきれいに植えることができました。




(写真提供:広報委員長)

12:00
2021/02/08

(南高ブログ)生徒会

| by:takiguchif
除雪ボランティア

 令和3年2月5日(金)今季3回目の除雪ボランティアを行いました。
圧雪された雪は重いのですが、生徒の士気は高く、みんな一生懸命動いてくれました。本日2月8日(月)も、除雪ボランティアの依頼がありました。今日も元気に活動します。2月10日(水)で今季計画した除雪ボランティアは終了になります。少しでも地域のお役に立てたのであれば嬉しいです。


13:00
2020/11/02

(南高ブログ)生徒会

| by:takiguchif
ボランティア交流会

 令和2年10月29日(木)山形市総合福祉センターでボランティア交流会が行われました。
 出席することはできませんでしたが、メッセージカードを書き、展示をしていただきました。

09:00
2020/10/22

(南高ブログ)生徒会

| by:takiguchif
赤い羽根共同募金

 校内で赤い羽根共同募金を実施しました。
 赤い羽根共同募金は、私たちの町の子どもたち、高齢者、障がい者などを支援するさまざまな福祉活動に役立てられます。
 災害時には、「災害ボランティアセンター」の設置や運営など、被災地支援にも役立ちます。

  募金を手渡している様子です。
11:30
2020/08/18

(南高ブログ)生徒会

| by:takiguchif
震災遺構見学

 令和2年8月8日、生徒会の代表3名が、震災遺構に登録されている仙台市立荒浜小学校、慰霊の塔、旧鈴木英二邸に赴き、校舎の被害状況や被害直後の様子を伝える写真や映像等を見て、津波の脅威や命を守る行動について学んできました。


16:40
2020/01/08

(南高ブログ)生徒会

| by:takiguchif
令和元年台風19号災害義援金

 東日本の広い範囲に甚大な被害をもたらした、「台風19号による災害」で被災された方を支援するために、校内で募金活動を実施しました。
 12月19日(木)の夕方、山形メディアタワーに赴き、募金活動で集まった募金額の全額を公益財団法人山新放送愛の事業団に預けてきました。預けた募金は、日本赤十字社山形県支部を通じて、被災地に送られます。ご協力ありがとうございました。

10:00
2019/11/22

(南高ブログ)生徒会

| by:takiguchif

赤い羽根共同募金

 校内で赤い羽根共同募金を実施しました。
 赤い羽根共同募金は、私たちの町の子どもたち、高齢者、障がい者などを支援するさまざまな福祉活動に役立てられます。
 災害時には、「災害ボランティアセンター」の設置や運営など、被災地支援にも役立ちます。

 募金を手渡している様子です。
                           (庶務委員会)



16:00
2019/11/06

(南高ブログ)生徒会

| by:takiguchif
災害ボランティア

 台風19号により甚大な被害を受けた宮城県丸森町にて、令和元年11月2日(土)ボランティア活動を行ってきました。私たちは、ビニールハウスに流れ込んだ藁の除去、住宅内に入り込んだ泥の除去を中心に行いました。泥水を含んだ藁は重く、また、130cmもの浸水があった場所のため、体積した藁の量も想像以上でした。重機の入れないビニールハウス内では人力で取り除くしかないため、重労働です。10人位のボランティアの方々とチームを組んで、時間いっぱい活動したにも関わらず、ビニールハウス内の藁を全て除去することはできませんでした。住宅内に入り込んだ泥は、思い出の品々をのみ込み、再利用することができない品々に変わってしまいました。
 ボランティアが不足していると報道されています。1軒に数人から数十人のボランティアが、複数日滞在することができれば、ボランティア不足が解消される規模の災害です。都合がつき、活動に行くか行かないか迷っている方がいたら、情報を集めて是非参加しましょう。

 活動後、丸森町災害ボランティアセンター前にて
08:30
12