理数科

理数科
2020/06/10

(南高ブログ)理数科

| by:takiguchif

3年課題研究風景


 今年度第1回目の記事は3年生の課題研究の風景です。コロナ禍の影響で当初の計画よりも少し遅れていますが、9月の発表会にむけて各グループ、一生懸命に研究に取り組んでいます。2年時からの継続研究であり、研究をほぼ終え英訳の段階に入っているグループもあれば、結果に満足できず補完実験を行っているグループもあり、進行状況は様々です。
 課題研究は、テーマ設定からデータ収集、結果、考察、結論、といった一連の流れを科学的に組み立てなければなりません。そのプロセスは大学で行う研究そのものです。仲間と頭を働かせ合いながら協力し、発表会まで全力で頑張っています。


 プラナリアのpH変化による再生能力への影響について研究しています。

 災害時の簡易ろ過装置の研究ですが、まだ納得のいかない部分があり、補完実験を行っているところです。

 水中の終端速度についての研究です。まとめの段階に入りました。

 土壌とネンジュモの関係を研究しています。


13:00