ご 挨 拶
                         校長  奥山 雅信

 
 県立山形南高等学校ホームページにアクセスして頂き、誠にありがとうございます。

私は、この4月より本校校長を仰せつかっております奥山雅信と申します。平成20年から2年間教頭としてお世話になり、また本校に勤務できること大変光栄に思っております。どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、本校に赴任して最も感じていることは、在校生、卒業生、教職員が、「南高生であること」「南高出身者であること」「南高で働くこと」に誇りを持っていることです。これは、学校創立以来「これまで醸成されてきた高い学校文化にある」と思っております。そして、それは突き詰めると校是である「文武両道」「師弟同行」「質実剛健」によるものと考えております。

 

この春卒業した学年は、年末のラグビー全国大会に出場し現役で山形大学医学部に合格した生徒をはじめ、国公立大学に県内高校の中で最多の合格者数を記録し、高いレベルで「文武両道」を実践しております。

また、多くの学校で課題の一つとなっています教職員の同僚性は、大変高いものがあり、ある意味古き良き時代の雰囲気を残す教師集団で、「師弟同行」のもと生徒と共に一所懸命頑張っております。

そして生徒は、勉強と部活動や生徒会活動に真摯に向き合い、質朴で人の気持ちの分かる心豊かなまさしく「質実剛健」を旨としております。

さらに、本校は校則がなく「我等の心得」のもと自主・自立の精神をもって行動することをめざしております。

 

このように素晴らしい南高の学校文化を守り、文質彬彬たる社会のリーダーとなる生徒を育てるために全力を尽くして参りますので、今後とも皆様には変わらぬご指導とご支援を賜りますよう宜しくお願いいたします。